高崎の男児死亡 元交際相手と妻を処分保留で釈放 前橋地検
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 群馬県高崎市の男児(4)が4月に死亡した事件で、前橋地検は3日、男児に対する傷害致死容疑で逮捕、送検された同市矢中町の夫婦の男性(27)と妻(23)を処分保留で釈放した。地検は理由を明らかにしていない。在宅に切り替えて捜査を継続する。

 地検は、死亡した男児のけがの状況などから、どのような暴行を受けたのかや、死亡との関連を慎重に調べてきた。捜査関係者によると、医師ら複数の専門家の意見を聞くなど時間をかけて、より詳しく調べる必要があると判断したとみられる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事