高崎駅で刃物振り回す 容疑のチュニジア男を現行犯逮捕 高崎署
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
男が現行犯逮捕されたJR高崎駅西口

 5日午後3時35分ごろ、高崎市八島町のJR高崎駅で「男が刃物を振り回している」と男性から110番通報があった。騒ぎに気付いた駅員が刺股を使って男を取り押さえ、駆け付けた群馬県警高崎署員が銃刀法違反の疑いで、チュニジア国籍で藤岡市、自称会社員の男(32)を現行犯逮捕した。駅利用者らにけがはなかった。

◎酒を飲んでいた? 電話しながら振り回す
 逮捕容疑はJR高崎駅西口の2階ペデストリアンデッキで、正当な理由がないのに、包丁(刃体の長さ約17センチ)を所持した疑い。

 同署によると、容疑を認めている。容疑者は電話をしながら包丁を振り回して、JR高崎駅の中央通路から西口に向かって歩いた。酒を飲んでいたとみられ、同署が詳しい動機を調べている。

 事件当時、同駅は下校中の学生ら利用客が多く、一時騒然となった。改札近くにいた藤岡市の男性(37)は「いきなり奇声が聞こえたので何事かと思って振り向いたら、男が電話をしながら刃物を振り回していたので驚いた」と話した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事