自転車のあおり運転を規定 改正道交法施行令 県警 警戒強化へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 政府は9日、あおり運転の違反点数などを定めた改正道交法施行令を閣議決定した。他の車両を妨害する目的で執拗しつようにベルを鳴らすなど自転車のあおり運転を「危険行為」と規定し、3年以内に2回違反した14歳以上に安全講習を義務化。自動車はドライバーだけでなく、そそのかした同乗者らも免許即取り消しで再取得は最低2年間できない。施行は今月30日。群馬県警や業界団体などは啓発を進める。

 あおり運転が社会問題になる中、自転車は新型コロナウイルス感染拡大や健康志向、宅配サービスなどで利用が広がり、新制度で事故抑止や交通マナー改善を促す考えだ。

 自転車はこれまでに酒酔いや信号無視、遮断機の下りた踏切の立ち入りなど14項目が危険行為に指定されている。14歳以上の場合、危険行為は3年間に2回の摘発で安全講習が義務となり、受講しないと5万円以下の罰金と定められている。

 改正令では、あおり運転に当たる「妨害運転」を第15項目に規定。具体的には自動車やバイク、他の自転車の通行を妨げる目的で、逆走して進路をふさぐ、幅寄せ、進路変更、不必要な急ブレーキ、ベルをしつこく鳴らす、車間距離の不保持、追い越し違反の7行為が想定されている。

 県警は妨害運転について、パトロール中の警察官が現場で行為を確認したり、ドライブレコーダーの提出を受けたりした場合などに適用するとみられる。

 県警交通企画課によると、昨年1年間に県警が摘発した自転車の危険行為は6件。いずれも携帯電話を使用しながら事故を起こすなどの安全運転義務違反だった。講習を受けた人はいなかった。警察庁によると、昨年1年間に全国の警察が摘発した危険行為は2万6687件。講習を受けたのは328人。

 一方、自動車は違反点数25点、即免許取り消しで欠格期間は2年。高速道路上で相手を停車させるなど「著しい危険」を生じさせた場合は35点、欠格期間3年。そそのかしは出発前のドライバーにあおり運転を指示した上で車に乗らなかった者など同乗者以外にも適用されるが、違反点数は加算されない。免許がない者は欠格期間中、取得できない。

 刑事罰は2日に成立した改正道交法で3年以下の懲役または50万円以下の罰金、著しい危険は5年以下の懲役または100万円以下の罰金と定められている。そそのかした者も同じ罰則だ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事