医療従事者にエール 高崎女子高の2年生 黒沢病院へ寄せ書き
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 新型コロナウイルスの検査や治療に奮闘する医療従事者にエールを送ろうと、群馬県立高崎女子高(高橋康幸校長)の2年生有志が18日、高崎市の黒沢病院附属ヘルスパーククリニックに寄せ書きを贈った=写真

 休校中、「家にいること以外、自分にできることはないか」と思い立った2年生の根岸可林さん(16)が学校や同級生に相談。「医療従事者の方に少しでも前向きな気持ちになってほしい」と有志でメッセージを集めた。

 寄せ書きを受け取った同校OGでもある黒沢由美子副理事長は「医療職のことを理解してもらえて本当にうれしい。院内に掲示させてもらう」と喜んでいた。

 同校は介護福祉従事者や外国人にもエールを届けるため、同市の希望館と国際交流協会にも寄せ書きを贈る。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事