コロナ新診断法の実用化 塩野義製薬と契約 群馬大など3大学開発
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 新型コロナウイルスを従前のPCR検査よりも簡便に検出できる手法の実用化に向けて、群馬、日本、東京医科の3大学と塩野義製薬は22日、ライセンス契約を結ぶことで合意したと発表した。実用化されれば、唾液などの検体採取から25分程度で感染の有無を確認できるとしている。実用化の時期は未定だが、同社は「最重要課題に位置付け、早期の実現を目指す」としている。

 同社によると、新たな手法は専門の技師や専用の検出機器が不要。検体採取時の医療従事者の感染リスクを減らし、重症化前の迅速な治療が可能になるとしている。感度はPCR検査と同等という。

 活用例として、診療所などでは外来患者についてインフルエンザや新型コロナの感染を確かめられる。海外からの渡航者の検査にも有用とみられる。

 新たな手法は「革新的核酸増幅法(SATIC法)」と呼ばれ、3大学の共同研究チームが開発した。95度で約2分間熱した唾液を試薬液に入れると、新型コロナを検出すれば変色する。目視で感染の有無が分かる。粘液からウイルス特有の遺伝子配列を検知するのはPCRと同じだが、遺伝子を増幅する時間や手間を減らせる。

 開発者の1人で日本大教授の桑原正靖さん(元群馬大大学院准教授)は22日、上毛新聞の取材に「これからが正念場。生産してくれる企業や医学部の先生方と共に(検査薬を)世に出していかなくてはならない」と述べた。

 この手法の根幹となる特許は群馬大が保有する。同大によると、SATIC法は桑原さんが2001年6月~18年3月の同大在職中に発明した。手法そのものや関係するキットが複数の基本特許として取得済みまたは出願中という。日本大は応用特許、東京医科大は臨床研究を担った。

 群馬大側の窓口となった同大産学連携・知的財産活用センターの早川晃一さんは「研究成果を社会に還元するのが大学の使命。世界的な問題である新型コロナに対して、本学に特許のある技術が貢献できるのはうれしい」とした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事