食用バラのパンいかが? 中之条町花ブランド化協議会が販売
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 群馬県中之条町の生産者らでつくる町花ブランド化協議会(堀口正尚会長)は、町が試験栽培し初収穫した食べられるバラ(食香バラ)が入ったパンを、中之条ガーデンズで販売した=写真

 町内のパン店「エルム」がバラ入りのミニ食パンやカンパーニュ、マドレーヌを作った。来場者はバラの香りがするパンの珍しさに引きつけられ購入。堀口会長は「花は観賞用作物として見られてきたが、食べるという新しい価値観が見いだせた」と手応えを感じていた。

 同協議会が本年度に始めた「花食研究所キレイヲタベル」事業の一環で、試験的に販売した。ウチョウランやアジサイなど花を販売する「花マルシェ」も同時に開いた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事