噴煙の浅間山 さながら原始の姿
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 浅間山(2568メートル)の火口から立ち上る噴煙が湧き立つ雲と混じり合い、原始の風景を思わせる場面が展開された=写真

 群馬県嬬恋村と長野県小諸市の境にある黒斑くろふ山(2404メートル)からの眺望。剣ケ峰や蛇骨岳など、ごつごつとした岩肌の外輪山に囲まれ、なだらかな山容の美しさが際立っている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事