霧に浮かぶ一面のワタスゲ 中之条・芳ケ平湿原
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 ラムサール条約湿地に登録されている芳ケ平湿地群の一角、芳ケ平湿原(群馬県中之条町)のワタスゲが見頃を迎えている。梅雨空で霧に包まれる中、白い綿毛が一面に広がり、幻想的な景色をつくり出している=写真

 ワタスゲは花を咲かせた後、種を風に乗せて運ばせるために白い綿帽子のような綿毛をつくる。湿原近くの芳ケ平ヒュッテによると、例年より綿毛の数が多いという。

 【お知らせ】アプリ「上毛新聞AR」をインストールしたスマホやタブレットをこの写真にかざすと動画を見ることができます。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事