未来屋書店×無印良品 初の融合店 イオン高崎
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「地域交流の店舗にしたい」と話す高山店長(左)と岩渕店長

 イオンモール高崎(群馬県高崎市棟高町)に入居する未来屋書店高崎店(岩渕匡希店長)と無印良品イオンモール高崎店(高山歩美店長)は26日、2階増床エリアで同時にリニューアルオープンする。共同の売り場を設けており、両店の融合型店舗は全国初。「地域との関わり」に力を入れ、イベントを開くなど交流の場としての店舗を目指す。

 両店とも以前から同モールで営業していたが、増床エリアに移転リニューアルする。売り場面積は計約4200平方メートル。このうち未来屋が約1700平方メートル、無印が約2500平方メートルで、共同の陳列棚も設けている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事