県立女子大の学生が新デザイン 群馬県が封筒を刷新
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
県立女子大生がデザインした新しい封筒

 群馬県はさまざまな業務で使う封筒を、県立女子大生のデザインしたものに刷新した。「若者の新鮮な感覚を取り入れたい」と、ぐんまちゃんのイラストを使わない条件で初めて外注。複数の候補から、落ち着いたシンプルな仕上がりの作品を選んだ。県の担当者は「読みやすく実用性が高い」と評価した。

 新しい封筒は文字情報を表面左下に寄せ、県の紋章や、和風書体の「群馬県」の字をバランスよく配した。その左側の罫線にグラデーションを付け、質素さの中にも奥行きを感じさせる。

 県は2月、同大美学美術史学科の高橋綾教授のゼミに作成を依頼。採用された竹原藍さん(3年)は「シンプルとスマートを心掛けた。イラストが使えなかったので他の要素で試行錯誤した」と話した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事