新型コロナ 早期終息を願う 甘楽
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 新型コロナウイルスの早期終息と医療従事者の安全を願う祈祷会きとうえが30日、群馬県甘楽町の宝積寺で開かれ、僧侶13人が読経した。

 甘楽富岡地区の曹洞宗31寺院でつくる曹洞宗県宗務所第13教区が主催した。僧侶らは、大般若経を要約した「偈文げもん」を唱えながら、600巻ある大般若経の経典を扇のように翻す「転読」などを行った=写真

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事