コロナ禍からの再開喜ぶ 桐生八木節交流広場
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 桐生八木節連絡協議会(諏訪郁雄会長)の実演会「桐生八木節交流広場」が4日、群馬県桐生市本町の「あーとほーるほこ座」で始まり、織都の夏を演出した。

 新型コロナウイルス感染症の影響で休止が続き、本年度の開催は初めて。この日は「桐生京和会」(馬場久江会長)の12人が実演。迫力あるおはやし、流麗な演舞を披露した=写真

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事