尾瀬リンゴに酔う土産 片品村商工会が酒発売
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 群馬県片品村商工会(入沢美喜夫会長)は24日から、村産の「尾瀬リンゴ」で造った酒「Cidre de OZE(シードル・ド・オゼ)」=写真=を数量限定で発売する。6次産業化で村内の農家を支援しつつ、土産物として売り出すことで、地域経済の活性化につなげる。

 同村は昼夜の寒暖差が大きく、リンゴがおいしくなる。尾瀬リンゴは平成の名水百選に選定された「尾瀬の郷片品湧水」で育てられ、甘味と酸味のバランスが良いとされる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事