花や果物など全国から622点 上信電鉄で恒例の「絵手紙列車」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 上信電鉄(群馬県高崎市)は、高崎―下仁田駅間で全国の愛好家から寄せられた絵手紙を飾る「絵手紙列車」=写真=の運行を始めた。全国432人から集まった622点が、乗客の目を引き付けている。

 絵手紙は花や果物、東京五輪を描いた作品など多彩。2両編成の車内に貼ったり、つり下げたりして展示している。本年度で14回目の企画。新型コロナウイルス感染症の影響で当初の4月開始から延期していた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事