美術博物館で収蔵品展「富岡のいま・むかし」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 富岡市立美術博物館の収蔵品展「写真でみる 富岡のいま・むかし」が8月30日まで、同館で開かれている。明治、大正、昭和時代の47点を飾り、懐かしい身近な風景を楽しめる=写真。

 1908年の「上町通り」の風景や、今の市役所近くにある「三角公園」、鏑川に設けられたアユを捕るための梁などの様子を切り取っている。市街地のすぐ近くに広がる桑畑が写った作品も。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事