県外移転の方針「変えられない」  県議会議長に東洋大理事長
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 東洋大が板倉キャンパス(板倉町)の県外移転を発表したことを受け、県議会の萩原渉議長は6日、同大(東京都)を訪れ、運営法人理事長の安斎隆氏と面会した。県議会として移転の撤回を求めたのに対し、安斎氏は経営上の判断だとして「移転は変えられない」と説明したという。

 萩原議長によると、同大は移転方針は変えられないものの、県側との協議には応じる意向を示した。県議会は今後、地元住民を交えた協議会の設置や署名活動を視野に同大への働き掛けを強めていくとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事