匿名男性10万円置いて立ち去る 特別支援校に給付金寄付 前橋
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 前橋市苗ケ島町の私立特別支援学校、若葉高等学園に匿名の男性が訪れ、10万円を置いて立ち去った。添えられた手紙から、国の特別定額給付金と思われる。同校は「大変なときでも、誰かのために尽くしてくれる人がいることに感謝したい」と話している。

 同校によると、今月3日に60代くらいの男性が受付を訪れ、名乗らず「園長先生に渡してください」と茶封筒を置いて帰った。

 大出浩司校長が中身を確認すると、「特別定額給付金で頂いたお金ですが、私には必要ないので、子どもたちのために使ってください」との直筆の手紙と現金10万円が入っていた。生徒には朝礼で、事実関係と感謝の思いを伝えた。

 大出校長は「あしながおじさんとなってくれた人に、何かひと言でもお礼を言いたい」と話す。10万円は新型コロナウイルスに配慮しながら生徒が快適に学校生活を過ごせるよう対策に使うという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事