感染者把握に遅れ 初動対応を強化 「藤和の苑」クラスターで県
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 群馬県伊勢崎市の有料老人ホーム「藤和のその」で起きた新型コロナウイルス感染症のクラスター(感染者集団)を巡る対応について、県は9日、初動の遅れを認める検証報告書を公表した。入居者ら68人が感染、16人が死亡する規模に拡大した要因の一つに、最初の感染者の把握に時間がかかったことを挙げた。検証結果を基に今後、初動体制の強化や高齢者施設への指導充実など総合的な対策を進め、再発防止につなげる。

 報告書は、県の一連の対応や厚生労働省クラスター対策班の調査報告などを整理し、初動対応や搬送、感染症対策の指導など7項目で考察した。

 報告書によると、4月6日に施設から入居者5人の発熱の連絡を受け、保健所は症状がある入居者の受診を促し、感染の疑いがある場合には医師を通じて保健所に連絡するよう指導。翌7日に施設から「発熱者の熱が37度台に下がった」と連絡が入ると、新型コロナ感染の可能性を積極的に疑わなくなった。結果的にPCR検査で陽性が判明したのは9日になってからだった。

 報告書は発熱の連絡から検査結果の判明まで日数がかかったことを感染拡大の一因と結論付け、今後取り組むべき初動の強化策として、感染が疑われる入居者の早期把握や、入居者ごとの往診医師との情報共有などを挙げた。

 報告書を公表した会見で、山本一太知事は「5人の発熱が報告された時点で新型コロナの可能性を考慮できなかったことは、しっかり反省しなければいけない」と述べた。

 報告書では、特別養護老人ホームなどと比べ、有料老人ホームでは職員の配置基準などから「感染症対策の指導が十分でなかった」とも分析。今月下旬にも各地の施設管理者への研修を始める。それぞれの施設で感染症対策の責任者を選んでもらい、施設内での研修も求めていく。

 併せて公表されたクラスター対策班の4月12~16日の調査に基づく報告では、施設にウイルスが持ち込まれた経路は特定できなかったと結論付けたものの、職員やデイサービス利用者による持ち込みや近隣を含めた地域での感染の広がりを可能性に挙げた。入居者の発熱状況から同2日ごろには感染者がいた可能性も指摘した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事