女子大生の遺体発見 中之条 四万川ダム近くの沢登りで不明
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 中之条町四万の四万川ダム近くで沢登りをしていた女子大学生が8日、川に流され行方不明となった水難事故で、群馬県警吾妻署は10日、現場付近を捜索中だった署員が四万川で女性の遺体を発見したと発表した。身元については、不明となっていた横浜市金沢区富岡西の大学生の女性(21)と判明した。

 同署によると、この日の捜索は午前9時から署員8人態勢で再開。女性が流されたとみられる地点から下流の川岸などを中心に捜索を進め、午後3時半ごろ、現場から約800メートル下流の川の中にうつぶせで倒木に漂着している遺体を発見し、同4時55分ごろに川から引き上げた。遺体には流された際に付いたとみられる外傷があり、同署は今後、司法解剖して詳しい死因を調べる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事