事故抑止へ隊列組みパトロール出発 きょうから夏の交通安全運動
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 夏の県民交通安全運動(11~20日)を前に、群馬県警は10日、前橋市の県総合交通センターで出動式を開いた。事故抑止に向けて、交通機動隊員ら28人が白バイ16台とパトカー6台で隊列を組み、パトロールに向かった=写真

 清水元司交通安全対策統括官は、新型コロナウイルスに関連した緊急事態宣言の解除から1カ月半が経過し、県民生活に活気が戻り、交通量も増えていると指摘。「取り締まりはもとより、積極的な安全指導をお願いしたい」と隊員に訓示した。


 【お知らせ】アプリ「上毛新聞AR」をインストールしたスマホやタブレットをこの写真にかざすと動画を見ることができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事