県教委の障害者雇用率 事務職・全国ワースト2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 群馬県教育委員会の昨年6月1日時点の障害者雇用率を事務職員と教員に分けて算出したところ、事務職員は1.96%にとどまり全国ワースト2位だったことが、13日までの文部科学省の調査で分かった。雇用率向上のため全国の自治体が事務職員の採用を強化する中、全国平均(7.39%)を大きく下回った。教員の雇用率は平均と同じ1.27%だった。

 県教委全体の障害者雇用率は1.34%。職員約1万2000人に対し、160人程度を雇用しているが、障害者雇用促進法に基づく法定雇用率2.4%まで引き上げるには、あと126人の採用が必要となる。県教委は2022年度に2.5%まで高める目標を掲げている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事