コロナ対応の避難所運営 安中市職員や区長らが訓練
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 新型コロナウイルス感染症への対応力を高めようと、群馬県安中市は16日、同市の安中体育館で避難所開設・運営訓練を行った。市職員や地元区長ら約50人が、避難所への受け入れ方法などを確認した。

 避難所運営ではコロナ対策が大きな課題となっている。参加者は飛沫を防ぐための段ボール製間仕切り(高さ1.7メートル)を組み立てたり、非接触型体温計の使い方を学んだりした=写真

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事