トラックにアマビエ 収束願い 伊勢崎赤堀中3年の阿佐見さん描く
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 群馬県の伊勢崎赤堀中3年の阿佐見藍さん(14)が描いたアマビエのイラストが20日までに、群馬通商(伊勢崎市赤堀今井町、新山浩通社長)が所有する 大型トラックの側面にプリントされた。トラックは新型コロナ ウイルス感染症収束への願いを乗せ、県内外を走行する=写真

 市赤堀地区青少年育成推進員会の斎藤修一会長らがコロナ禍の地域住民を励まそうと、同市堀下町の粕川沿いを絵で彩ることを企画。同校美術部に所属する阿佐見さんは斎藤さんらの提案に共感して、「堀下こいのぼりを揚げる会」が所有するプレハブ倉庫壁面に身長 約120センチのアマビエの絵を 描いた。ほほ笑みながらも ウイルスを撃退する 力強い様子を表現した絵は 川沿いを行き交う人の目を和ませている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事