まち映画ようやく公開 安中舞台の「ライズ&シャトル」新型コロナで延期 前橋で31、8日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
上映会開催が決まった「ライズ&シャトル」のポスター

 安中市を舞台としたまち映画「ライズ&シャトル」の上映会が31日と8月8日、前橋市のユナイテッドシネマ前橋で開かれる。新型コロナウイルスの影響などで公開が延期されていた。子どもたちが夢に向かって頑張る姿を描いた物語で、オーディションで選ばれた県内の子どもたちが出演する。上映後には映画に出演したキャストの舞台あいさつも行う予定。

 同作は高校生と小学生の少女2人が主人公。廃校となる小学校でソフトボールチームをつくろうと奮闘し、成長していく姿を描く。難病の末に19歳で亡くなった安中市内の実在の女性がモデルとなっている。2018年9月~19年3月、同市内の碓氷第三橋梁(きょうりょう)(通称・めがね橋)や新島学園、秋間梅林などで撮影された。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事