3台絡む事故で5人が重軽傷 みなかみ・三国トンネル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
事故で前方が激しく壊れた車=26日午前11時10分ごろ、みなかみ町永井の三国トンネル

 26日午前7時10分ごろ、群馬県みなかみ町永井の国道17号三国トンネル内で車3台が絡む事故があり、5人が重軽傷を負った。沼田署が事故原因を調べている。

 同署によると、埼玉県の16~18歳の自称建設作業員の少年3人が乗る軽乗用車が、対向車線を走っていた同県草加市の男性会社員(57)の軽乗用車と衝突。その後、男性会社員の車に、新潟県新発田市の女子学生(21)が運転する軽乗用車が追突した。深谷市の少年(18)と本庄市の少年(18)がともに首の骨を折る重傷。さいたま市の少年(16)、男性会社員、女子学生の車に同乗していた新潟市の男性(22)が軽傷を負った。女子学生にけがはなかった。いずれも命に別条はないという。

 現場は片側1車線で、路面はぬれていた。事故の影響で、現場付近は3時間半にわたり通行止めとなった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事