群馬県初 個人で献血バス呼びイベント 高崎の清水さん
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 献血に協力しようと、群馬県高崎市上小塙町の清水久美さん(54)は30日、自宅を兼ねた歯科医院の敷地に献血バスを呼び、イベントを開いた=写真。県赤十字血液センターによると、個人が献血バスを呼ぶのは県内で初めてという。

 清水さんは新型コロナウイルス感染拡大の影響で、献血バスの派遣中止・延期が相次いでいるという新聞記事を目にし、「何かできることはないか」と立ち上がった。派遣目安の約50人を集めるため、この日までに友人らとさまざまな企画を準備してきた。

 献血バスの傍らで津軽三味線の演奏会や抽選会を開催。カフェスペースも設けた。訪れた松田久枝さん(59)=同市筑縄町=は「35年ぶりの献血。こういう形だと献血を身近に感じられる」と話した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事