《新型コロナ》群馬県内 新たに4人の陽性確認
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 新型コロナウイルス感染症の検査で、群馬県と前橋市は30日、20~50代の男女4人の陽性が判明したと発表した。内訳は前橋市の40代男性(自営業)と20代女性(会社員)、太田市の50代男性(会社役員)、館林保健所管内の20代男性。県内での感染確認は累計187人(うち19人死亡)となった。

 前橋市によると、40代男性は23日に都内へ買い物に出掛け、友人と会食。27日に発熱があり、28日に医療機関を受診した。高校生以下の3人を含む同居家族4人、知人1人を濃厚接触者として把握している。20代女性は県外の友人が23~25日に女性宅に滞在。28日に友人の陽性が判明し、29日に検体採取した。滞在中、2人は車で県内観光地などを訪れ、会食した。1人暮らしで濃厚接触者はない。

 県によると、太田市の男性は15~16日に宮城県、21~22日に岡山県へ出張し、公共交通機関を利用。24日に発症し、28日に帰国者・接触者相談センターに相談した。館林保健所管内の男性は民間検査で判明。28日に陽性が確認された明和消防署消防隊員の濃厚接触者の同僚5人は陰性だった。

 高崎市によると、同市の公立高校に在籍し、25日に陽性が分かった女子生徒の学校関係者105人は全員陰性が確認された。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事