安中舞台の「ライズ&シャトル」上映会 出演者ら舞台あいさつ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
上映会後に記念撮影する出演者

 群馬県安中市を舞台としたまち映画「ライズ&シャトル」の上映会が31日夜、前橋市のユナイテッドシネマ前橋で開かれた。上映後に出演キャストらが舞台あいさつに臨み、作品への思いなどについて語った。

 映画は高校生と小学生の少女2人が主人公。ソフトボールチームをつくろうと奮闘し、夢に向かって成長していく姿を描く。難病の末に19歳で亡くなった安中市内の女性がモデルだ。2018年9月~19年3月、碓氷第三橋梁(通称・めがね橋)や秋間梅林、新島学園などで撮影した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事