《新型コロナ》新たに1人の感染を確認 県内191人に
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 新型コロナウイルス感染症の検査で、群馬県は1日、新たに県内に住む30代男性の陽性が判明したと発表した。県内での感染確認は累計191人(うち19人死亡)となった。

 県によると、男性は7月3日から 27日までに複数回、県外へ出張、27日に倦怠けんたい感や関節痛などの症状が出始めた。他県で陽性が判明した患者の濃厚接触者として31日に医療機関を受診した。県は男性の居住地や職業、出張先、他県患者の情報を非公表とした。

 前橋市は1日、31日に感染が判明した男子小学生の濃厚接触者について、一緒に登校していた児童8人を追加したと発表した。これまでに把握していた児童33人と教諭6人を合わせ、濃厚接触者は47人となった。2日以降に順次、検査結果が判明する見通し。

 高崎市は1日、31日に陽性が判明した20代の男性競艇選手の濃厚接触者が県内の5人と発表。内訳は28日から29日にかけて宿泊した同市の知人宅の家族4人と、市外の1人。

 一方、県によると、30日に陽性が判明した館林保健所管内の20代男性は大泉町在住で職業はアルバイト。13~17日、25~27日に東京都や神奈川県を訪れ、友人と会食するなどした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事