大正ロマンで魅力創出 4棟核に街並み整備 沼田中心街に歴史的建造物 集約
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 中心街の活性化に向け、沼田市は市役所の入る複合施設「テラス沼田」の周辺で、歴史的な建造物4棟を核とした街づくりを加速させる。国登録有形文化財の旧土岐家住宅洋館などを移築・集約し、大正ロマンをイメージした街並みを整備して魅力を創出する。新型コロナウイルス収束後を見据え、地元商店街や観光協会と連携して当時の文化を体験する企画も打ち出し、一帯の回遊性向上につなげる。

 整備を進めるのは、テラス沼田などが並ぶ本町通り(国道120号)の周辺。今春、沼田公園から旧土岐家住宅洋館の移築を終えたほか、年内には、大正時代に建てられた旧沼田教会紀念会堂の同公園からの移築も完了する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事