高原キャベツ 全国へ 嬬恋村で収穫が最盛期に
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 群馬県嬬恋村特産の夏秋キャベツの収穫作業が最盛期を迎えている。冷涼な浅間高原に広がる畑で、農家が手作業で1玉ずつ刈り取り、段ボール箱に詰めている=写真。収穫は10月いっぱいまで続く。

 JA嬬恋村によると、8、9月は1日当たり18万ケース(1ケース10キロ)近くを、宮城県から沖縄県までの広範囲に「嬬恋高原キャベツ」として出荷する。JA担当者は「梅雨が長く大変な天気だったが、安定的に供給し続ける」としている。


 【お知らせ】アプリ「上毛新聞AR」をインストールしたスマホやタブレットをこの写真にかざすと動画を見ることができます。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事