《新型コロナ》前橋、高崎、伊勢崎で新たに5人の感染が判明
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 新型コロナウイルス感染症の検査で、群馬県と前橋、高崎両市は9日、新たに20~60代の5人の陽性が判明したと発表した。県内での感染確認は累計226人(うち19人死亡)となった。

 県によると、伊勢崎市の会社員の20代女性は7日に陽性が確認された10代男性の濃厚接触者で、4日から倦怠けんたい感や頭痛があった。8日に陽性が判明した50代男性は、県外に移動歴があった。

 前橋市によると、群馬県美容専門学校(同市)に通う20代女性と会社員の20代女性は、7日に陽性が判明した同校学生の20代女性の濃厚接触者で、ともに嗅覚障害などがある。同校の他の濃厚接触者については10日以降に検査結果が判明する見通し。

 高崎市によると、40代女性は会社員で、4日にせきの症状が出た。濃厚接触者は未就学児を含む同居家族3人。60代女性は5日に地域の会合に参加しており、出席者約20人のPCR検査を行う。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事