前橋の巽君 県内小学生初の珠算10段に合格 暗算に続く快挙
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 全国珠算教育連盟の珠算検定試験で、群馬県太田市のぐんま国際アカデミー初等部5年、巽琥汰郎君(11)=前橋市=が、最高位の10段に合格した。同連盟県支部によると、県内の小学生で初めてで、暗算検定10段に続く快挙。「合格できてうれしい」と喜んでいる=写真

 巽君は3歳からそろばんを始め、同市の泉・名和そろばん教室で練習に励んでいる。指導する講師は「小学生ながら自分で計画を立て、考えながら課題に取り組む力がある」と舌を巻く。2年前に9段に受かってから高い壁に阻まれてきたが、仲間と切磋琢磨せっさたくましながら努力。新型コロナウイルス感染症の影響で教室での練習時間が限られる中、持ち前の高い集中力で検定に向け腕を磨き、念願の合格を手にした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事