町名から地域の歴史学ぶ 前橋・住吉町で講習会
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 地域の歴史をもっと知ってもらおうと、前橋市住吉町1丁目自治会は8日、同町の橋林寺の境内で、「住吉の歴史」と題した講習会を開催した。ラジオ体操で訪れた近隣住民50人ほどが地元の成り立ちを学んだ。
 同地区の生涯学習奨励員、庭野剛治さん(46)が講師を務めた。かつて同地区にあった向、細ケ沢、琴平の3町が1966年に一つになり、現在も続く住吉町という名前になったことなどを解説した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事