先祖迎える手作り盆棚 高崎の友松さん方
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 盆の入りとなった13日、高崎市井出町の友松幸さん(83)方では、早朝から昔ながらの盆棚が組み立てられ、先祖の霊を迎え入れる準備が進んだ=写真

 縄で木枠に青竹を固定。形や色がちょうちんに似ていることから、精霊を導くとされるホオズキを飾り付けた。

 友松さんは「この家が今も栄えているのは先祖がいてくれたおかげ。感謝の気持ちを込めて作った」と目を細めていた。

【お知らせ】アプリ「上毛新聞AR」をインストールしたスマホやタブレットをこの写真にかざすと動画を見ることができます。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事