夏の思い出に打ち上げ花火 高崎・箕郷 新型コロナ収束願う
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 新型コロナウイルスの終息を願うとともに地域住民を元気づけようと、群馬県高崎市箕郷町の有志による花火の打ち上げが23日夜、同市の箕郷ふれあい公園で行われた。75発の鮮やかな大輪の花が輝き、夏の夜空を彩った=写真

 同町では例年「箕郷ふるさと夏祭り」で花火を打ち上げているが、今年は新型コロナの影響で中止となった。代わりとなる夏の思い出をつくってもらおうと、有志が集まり企画した。菊屋小幡花火店(同市本郷町)が協力し、5分間で打ち上げた。人の密集を避けるため、打ち上げ場所は事前に公表しなかった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事