周遊観光促進へレンタサイクル 渋川伊香保温泉観光協会
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 伊香保温泉(渋川市)の温泉街を中心に榛名山や水沢方面などへの周遊観光を促そうと、渋川伊香保温泉観光協会は9月、電動アシスト付き自転車の貸し出しを始める。新型コロナウイルスの感染拡大の影響で団体旅行が落ち込む中、滞在型の個人旅行に着目。温泉街を拠点に「密」を避けながら楽しめるレジャーを増やし、誘客につなげたい考えだ。

 レンタサイクルは当面、5台。同協会の入る「伊香保温泉ビジターセンター」で有料で貸し出す。同協会によると、同温泉への個人客は1泊2日が主流。ただ、コロナの感染拡大によって国内やより近接地への旅行が注目されるなど観光需要に変化が生じ始めた。今後は温泉地を拠点にゆっくり過ごす滞在型の需要の取り込みも目指す。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事