テディベア作りで独大使館員と交流 前橋でぐんま日独協会
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
手作りテディベアでもてなされた、ドイツ大使館文化課長のハナ・クレープスさん(右)

 日独の相互理解を深める場にしようと、ぐんま日独協会(鈴木克彬会長)は27日、前橋市市民活動支援センターで、同国でも親しまれているテディベア作りを通じて、ドイツ大使館文化課長、ハナ・クレープスさん(34)に会の活動を紹介した。

 6月に文化課長に着任したハナさんは、歴史的にドイツ人と縁が深い本県に以前から興味があったといい、今回初めて本県を訪れた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事