甘み、うま味 他県産上回る 県産トウモロコシ 県チームが分析第3弾
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 県産農畜産物の栄養やおいしさを調べる県の「G―アナライズ&PRチーム」は3日、県産トウモロコシの分析結果を発表した。冷涼な長野原町で収穫したトウモロコシについて、他県の産地のものと比べて甘みやうま味が強いことなどが分かった。本県はトウモロコシの出荷量が全国4位と上位にあり、県は分析の成果をPRに生かす。

 同町産と、県外の代表的産地2カ所の計3産地のトウモロコシを、味覚センサーで分析、比較した。その結果、一方の他県産に比べ同町産の方が甘みやうま味、コクが強かった。別産地との比較では甘みで上回った一方、濃厚さは下回った。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事