《新型コロナ》県内感染500人超す 新たに男性5人陽性
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 新型コロナウイルス感染症の検査で、群馬県と前橋、高崎両市は9日、新たに20~60代の男性5人の陽性が判明したと発表した。県内での感染確認は累計502人(うち19人死亡)となった。

 県と前橋、高崎両市によると、5人の内訳は前橋、伊勢崎、太田3市の20~60代の会社員、高崎市の60代(ホテル清掃員)、館林市の40代(県外の自営業者)。調査中の1人を除き、4人は感染経路が分かっていない。

 一方、県は7日に職員の陽性が判明した黒沢病院(高崎市)について、濃厚接触者を含む関係職員35人のPCR検査が9日までに完了し、いずれも陰性だったと明らかにした。

 また、玉村町は町給食センターの関係者の陽性が判明したとして、町内の公立幼稚園、小中学校の9~11日の給食提供を取りやめた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事