ホテル経営の女性殺害 背中に刺し傷 前橋・富士見
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
女性の遺体が発見されたホテル通路を調べる捜査員=10日午前11時10分ごろ、前橋市富士見町皆沢

 10日午前9時50分ごろ、前橋市富士見町皆沢のホテルの男性客(42)から「女性が出血して倒れている」と110番通報があった。前橋署員が現場に駆け付けたところ、経営者の女性が倒れているのが見つかり、病院で死亡が確認された。背中に刺し傷があったことなどから群馬県警は殺人事件と断定し、同署に捜査本部を設置した。現場近くの防犯カメラには不審な人物が写っていたことも判明。捜査本部が関連を慎重に調べている。

 捜査本部は犯人が刃物を持って逃げている可能性もあるとして周辺住民に注意を喚起するとともに、犯人につながる手掛かりや目撃情報を捜査している。

 捜査本部によると、女性はホテル敷地内の中央の屋外通路で、南向きにうつぶせで倒れていた。刺し傷は左の肩甲骨付近にあり、何者かに刃物で後ろから刺されたとみられる。凶器は見つかっておらず、事務所などが荒らされた形跡は確認されていない。捜査本部はトラブルの有無を含めて捜査している。

 女性は従業員数人とともにフロント業務や部屋の清掃などを行っていた。長男(36)と共にホテル敷地内に住んでおり、女性は事務所兼住宅で、長男は客に提供していないホテルの部屋で生活していた。

 女性の発見時、3組計6人がホテルを利用していた。これとは別に、客として訪れた男性が倒れていた女性を発見した。

 捜査本部は周辺の防犯カメラの映像を調べるとともに、付近や関係者に聞き込みをするなどして犯人の行方を追っている。11日に司法解剖を行い、詳しい死因や遺体の状況を調べる。

 現場は国道353号沿い。戸建てや長屋の計14の客室が中庭を囲んで楕円だえん形に配置され、車でそれぞれの客室入り口まで入れる構造。近くには前橋白川小や県馬事公苑、嶺公園がある。

 県警は「上州くん安全・安心メール」などで県民に注意を促した。付近の8小中学校に事件発生を連絡するとともに、10日午後の下校時には警察官が巡回。11日以降の登下校時も巡回する予定。

◎30年来の知人「明るい性格」 亡くなった女性

 前橋市富士見町皆沢のホテル「ポエム」で10日発生した殺人事件。亡くなった女性(71)を知る近隣住民や関係者らは突然の悲報に声を失った。

 近隣住民らによると、女性は数年前から1人でホテルを経営し、夜間を中心に受け付け業務を担っていた。仕事で30年来の付き合いがあるという男性は「明るい性格で、人に恨まれるような性格ではない」と打ち明ける。

 以前は犬を飼い、近くの公園での散歩が日課だったという。ホテルの施設老朽化などに伴い利用客減少にも悩んでいたとされ、売却も検討していたようだ。

 現場は国道353号沿いの畑が広がる一帯。近くの60代女性は「近所でこんなことが起きるなんて」と驚きを隠さなかった。近くでホテルを経営する50代男性は「ショックを受けた。防犯カメラや施錠などの対策をもう一度徹底したい」と不安そうに話した。

 事件を受けて、近くの白川小などでは保護者に児童を引き渡したり、教職員が引率して集団下校をしたりした。富士見中も部活動を中止し、集団下校とした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事