サンダーズ神宮でPR 来月開幕へコラボデー
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
始球式でスタンドを沸かせたパーカー

 住宅販売大手のオープンハウス(東京)は15日、ヤクルト―DeNA戦(神宮球場)で、子会社のバスケットボール男子Bリーグ2部、群馬クレインサンダーズとの「コラボデー」を開いた。サンダーズのマスコット「さんだくん」がヤクルトの「つば九郎」と交流し、球場のファンに10月3日の開幕試合をPRした。

 始球式ではサンダーズのマイケル・パーカーがマウンドに上がり、長身からダイナミックな一球を投じてスタンドを沸かせた。コラボデーを記念した特製うちわやクリアファイルが配布されたほか、オープンハウス・ホームラン特別賞などが提供された。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事