《新型コロナ》県内新たに19人陽性 家庭内で広がるケース相次ぐ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 新型コロナウイルス感染症の検査で、県と高崎市は20日、新たに3歳未満から60代までの男女19人の陽性が判明したと発表した。県内の感染者は663人(うち死亡19人)となった。

 居住地別でみると、大泉町9人、太田市と邑楽町が各4人、高崎市と伊勢崎市が各1人。東毛地域を中心に多く、家庭内で感染が広がったケースが相次いだ。

 邑楽町の4人は、いずれも18日に陽性が発表された30代男女の家族だ。大泉町で17日に感染が分かった40代女性の家族3人も陽性が判明した。このほか、感染が判明していた太田市の40代女性の家族2人も新たに陽性となった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事