《新型コロナ》群馬県内の男性7人が新たに陽性
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 新型コロナウイルス感染症の検査で、群馬県と高崎市は21日、新たに20~60代の男性7人の陽性が判明したと発表した。判明した感染者数が10人未満だったのは7日ぶりだが、県は「家族や組織単位で一気に感染が広がる例もあり、予断は許さない」としている。県内での感染確認は累計670人(うち19人死亡)となった。

 県によると、クラスター(感染者集団)が発生した日本発条群馬工場(太田市)を巡り、新たに同市と伊勢崎市に住む社員ら計5人が感染していることが分かった。うち4人は無症状。同工場関連の感染者は計29人となった。

 高崎市によると、同市で新たに感染が判明した30代と60代の2人は、既に陽性となっている30代男性会社員の濃厚接触者。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事