伊香保温泉で休業旅館全焼 隣接建物にも延焼 石段街 一時騒然
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
激しい炎が上がる油屋旅館ホテル紅葉で消火活動する消防隊員=21日午後3時20分ごろ
多くの観光客でにぎわう中、煙が立ち上る石段街=21日午後5時10分ごろ

 21日午後3時5分ごろ、渋川市伊香保町伊香保の休業中の温泉旅館「油屋旅館ホテル紅葉」から煙が出ていると、通り掛かった男性から119番通報があった。鉄筋コンクリート一部木造8階建てホテル約2360平方メートルを全焼したほか、西側に隣接する飲食店などが入った木造2階建ての建物に燃え移り、約420平方メートルを全焼した。けが人はいなかった。現場は伊香保温泉石段街の近く。石段街には白煙が立ち込め、近くの宿泊客が避難するなど一時騒然となった。

◎2012年から営業休止 他の旅館はほぼ満室
 群馬県警渋川署などによると、ホテルは地上8階、地下2階。建物内から火が出たとみられ、午後9時半ごろ鎮火した。ホテルは2012年から営業していなかった。同署は火災発生後、現場から半径約100メートル以内の旅館の宿泊客や従業員に避難を呼び掛けた。

 東京電力パワーグリッド群馬総支社によると、火災の影響で、午後4時ごろに周辺で約70軒が停電。同7時に全面復旧した。

 家族旅行で現場近くの旅館を予約していた高崎市の主婦(43)は「旅館に着いたと思ったら避難するよう言われ、別の旅館のロビーで消えるのを待った。戻れて良かった」と疲れた表情だった。埼玉県の女性(65)は「黒っぽい煙が激しく上がっていて驚いた。楽しい気分でいたのにまさか災害に遭遇するとは思わなかった」と不安そうに話した。

 4連休中の温泉街は政府の観光支援事業「Go To トラベル」の効果もあり、多数の観光客でにぎわっていた。渋川伊香保温泉観光協会によると、加盟する40以上の旅館やホテルはほぼ満室だったという。同協会の大森隆博会長は「連休で泊まりに来ている多くのお客さまのことが心配」と消火活動を不安そうに見守った。

◎18、19年にも火災 「木造多くひやひや」
 伊香保温泉では2018年6月、石段街沿いの老舗旅館「千明仁泉亭」の敷地内で建物火災が発生。19年3月にも石段街近くで住宅など5棟を焼く火災があった。関係者からはこれ以上火事が続かないことを願う声が上がった。

 石段街近くで江戸時代から続く老舗旅館を経営する80代男性は「木造の古い建物が多く、火が燃え移らないかひやひやする。今回は風が吹いていなかったのでまだ良かったが、これで(火事は)終わりにしてほしい」と眉をひそめた。


 【お知らせ】アプリ「上毛新聞AR」をインストールしたスマホやタブレットをこの写真にかざすと動画を見ることができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事