ビットコイン入金を要求 桐生市に爆破予告 市内学校きょう休校
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
桐生市役所

 群馬県桐生市は22日、市のホームページ(HP)に群馬大桐生キャンパスや市内の学校を爆破するなどと予告する書き込みがあったと発表した。爆破の混乱に乗じて児童生徒を誘拐するとの内容も含まれており、市は群馬県警に通報するとともに、運動会の振り替え休日となっていた1校を除く市内の全小中学校、市立桐生商業高を23日に臨時休校する措置を取った。

◎栃木では日光東照宮を爆破するという趣旨の書き込み
 市からの連絡を受け、群馬県教委は同市内の県立高5校と特別支援学校2校を23日は臨時休校とすることを決定。部活動など授業以外の活動についても休止するとした。

 市総務課によると、20日午前7時40分ごろ、HPの問い合わせ欄を通じて、 (1)23日午後0時半ごろに学校などを爆破し、数人の児童生徒を誘拐する (2)同日午後1時半ごろに市役所に爆発物を詰め込んだトラックを衝突させる―という趣旨の予告文が送り付けられてきた。

 さらに、犯行を回避したければ期日までに暗号資産(仮想通貨)のビットコインを指定先に入金するようにとの要求もあった。

 爆破予告を受け、市教委は各校を通じて児童生徒の保護者に対し、臨時休校とすることをメールで連絡した。市は群馬大と市内の私立高、県教委にも情報提供するとともに、対応の検討を要請した。

 市は22日午後、爆破予告があったとする緊急情報をHPに掲載。23日午後1~2時の間は市役所本庁舎の窓口利用を控えてほしいなどと市民に注意を呼び掛けた。

 予告された23日には、小中学校や市役所などを点検し、警戒する。県警にも巡回を要請している。

 同様の爆破予告は栃木県日光市、鹿沼市にも20日朝に届いている。日光市では市HPに小中高校や市役所のほか、日光東照宮などを23日午後に爆破するという趣旨の書き込みがあった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事