患者寄り添う薬局に 薬機法改正、対人業務に重点
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
接客する田尻さん。「ただ薬を渡すのではなく、健康相談にも乗ることが大切」と訴える

 薬局が新たな岐路に立っている。処方箋による調剤中心から、患者の服薬状況を確認したり、健康相談に応じたりする対人業務に重点が移行。昨年12月に公布された改正医薬品医療機器等法(薬機法)の段階的な施行で、今月1日からは服薬期間の患者へのフォローが義務化された。身近な薬の専門家として、さらなる地域医療への貢献が期待される。

 患者に寄り添った薬局を目指そうと、群馬県内でも取り組みが広まっている。県薬剤師会の会長を務める田尻耕太郎さんの若宮調剤薬局(前橋市)はかかりつけの機能に加え、地域住民の健康相談に乗るなどする「健康サポート薬局」の認定を取得。近くに住む神山雄一郞さんは「10年以上お世話になっている。自分のことを分かってくれているので安心して相談できる」と話す。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事