桐生市への爆破予告 被害の発生なし 市長「断じて許せない」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 群馬県桐生市は23日、同市に送り付けられた爆破などの予告文を警戒し、市役所などで職員らによる巡回や点検を行った。市内各校では臨時休校などの措置が取られたが、予告された被害の発生はなかった。

 市役所本庁舎では予告時間の午後1~2時ごろ、パトカーや警察官、市職員が敷地内外を巡回し、不審車両や不審物に目を光らせた。庁内も職員が巡回した。

 同日の定例会見で、荒木恵司市長は「断じて許せない。子どもたちも対象のため万全を期した。今後も同様の事例があれば、警察や関係各所と連携して厳正に対処する」と強調した。同様の爆破予告は栃木県日光市、鹿沼市、石川県七尾市などにも届いたという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事