アジアの子に送る翻訳絵本 20冊完成 明和・楽遊クラブ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 群馬県明和町千津井地区の老人クラブ「楽遊クラブ」(奈良原宜子会長)は、内戦や貧困などで教育が行き届かないアジアの子どもたちの元に、翻訳絵本を届ける社会貢献活動に取り組んでいる。本年度分として、女性会員10人が20冊を完成させた=写真

 教育・文化支援事業を行う公益社団法人シャンティ国際ボランティア会(東京都新宿区)の「絵本を届ける運動」の一環。参加費(1冊2500円)を支払い、送られてきた絵本にクメール語やミャンマー語などの翻訳シールを貼って完成させた後、カンボジアやミャンマーの難民キャンプなど7地域に送付する活動で、同クラブの活動事業の一つとして3年前に始めた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事