情報セキュリティー学ぶ 伊勢崎・あずま南小
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
eラーニングを使用しながら、「情報セキュリティー」について学ぶ児童ら

 ICTの活用促進に伴い、群馬県伊勢崎市立あずま南小学校(定形裕之校長)は23日、伊勢崎市の同校で「情報セキュリティー」に関する特別授業を開いた。5年生30人がパソコンを使い、インターネットなどの正しい活用方法について理解を深めた。

 群馬大共同教育学部の小熊良一講師と、市教育研究所ICT研究班の一員で、同校の仁居舎真由教諭が指導。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事